10年日記を使ってみて思うこと。

毎日学習記録だけじゃ味気ないので、

たまには余談を。

講座を受講するに当たって購入した10年日記。(10年手帳?)

毎日記録をつけて、1年後、3年後…10年後、こうなりたいという自分から逆算してやるべき事を今から消しこんでいく。

という趣旨でおすすめされていたかと思うのですが、

毎日毎日、

「書く欄が足りない!」

「あと5行は欲しい!」

と思っているのは私だけでしょうか?笑

私は元々書くことが好きで、

実は日記も中学生くらいの時から高校3年間、大学時代も毎日ではないものの、

気が向いては書く。

またしばらく忘れ、

また気が向いては書く。

ということを続けていて、

かれこれ10年以上日記を書いています。(途中、かなりあいていますが)

しかも、日記とは別で、

考えたことや感じたことをひたすら殴りがいていく、

「気持ちノート」←10代の頃の私がつけた名前。ダサすぎるw

や、「やりたい事リスト」、「自由帳」など、

とにかく一時期は、書きたくて仕方ないという病にかかっていた程でした。

そんな私ですので、

10年日記が結果を出すためのものとは言え、

一度書き始めると書くことが次々と出てきてしまい、

結果、物凄く小さな字でギュウギュウに詰め、なんとか枠内に収める。

という状態になっております。笑

購入時、誤って2冊ポチってしまったので、手元に20年分の日記があるんですが、

いっそ、二年分の枠を使って

大人使い⁉︎してしまおうか、と

日々誘惑と戦っています。

それにしても、大して進んでもいないのに、

何をそんなに書くことがあるんでしょう。

自分でも不思議です(´-`).。oO

みなさん、どんな事を書いているんだろう?

1件のコメント

  1. 管理人

    トライアル合格
    月収15万円確保
    年収200万円確保
    とか
    特許50件読破
    用語集1000個
    とか

    でいいのでは?

    細かいことは
    勉強ノートに記録しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です